#BEER
CONTENTS

クラフトビールを美味しく楽しむ為に、知っておきたい保存方法について

2018.02.19 Mon 10:41

#BEER

クラフトビールはとてもデリケートな飲み物です。せっかくお店で買って楽しみにしていても、家での保存方法を間違うと味が台無しになる事もありますそこで、クラフトビールを美味しく楽しむ為に、知っておきたい3つの保存方法について紹介します。

 

①日光(紫外線)に当てない事。

劣化したお酒の臭いを「日光臭」と言いますが、ビールも例外ではありません。太陽の紫外線がビール中のホップの成分と化学変化を起こして、スカンクの臭いが出ると言われています。太陽のみではなく、蛍光灯の紫外線も注意が必要です。クラフトハート・ブルワリーを運営する酒専門店ハートピアでは、対策として紫外線カットの蛍光灯を使用しています。缶と違い瓶は光を受けるので、保存には注意をしましょう。

 

②買ってきたら早めに冷蔵庫へ入れる。

要冷蔵のビールに限らず、高温な環境はビールにとって天敵です。保管温度が10℃高いと品質劣化は3倍早まるといわれています。逆に凍りつくような超低温でもビールの中の成分が変化してバランスを崩し、元に戻らなくなります。クラフトビールを買ったら出来れば保冷バッグに入れて、無ければ比較的涼しい場所に置いて、家に帰ったら早めに冷蔵庫へ入れるようにしましょう。

 

③衝撃振動を与えない。

ビールの中の旨味成分は、炭酸ガスを含め大変不安定な状態で存在しています。従って、衝撃や振動によって、香味のバランスが崩れ美味しさを損ないます。持ち帰り時はもちろん、家庭の冷蔵庫へ入れる際、扉側に入れると開け閉めで衝撃が加わるので、出来れば奥の方に入れましょう。

 

 

いかがでしょうか。クラフトビールって聞くと保管方法も難しいと思われがちですが、意外とシンプルで簡単です。このポイントを押さえて、美味しいクラフトビールを最高の状態で楽しみましょう。

クラフトハートブルワリー
公式オンラインショップ

準備中